亡くなった方の財産の把握の仕方

生前に故人と仲良くしていた親族や銀行員、証券会社、保険会社、顧問税理士等へヒアリングをするのとは別に、下記のような場所や方法で財産を把握出来る場合があります。

探す場所とみつかるもの

探す場所みつかるもの
貸金庫・貸倉庫、自宅金庫遺言書、 現金、 不動産権利書、株式等の証券
貴金属、記念硬貨、通帳
書斎の引き出し通帳、印鑑、日記、手帳、メモ

故人宛に送付されてくる書類とわかること

送付されてくる書類の種類 わかること
金融機関、証券会社、保険会社からの郵送物預金口座、有価証券、保険契約の存在
不動産業者からの郵送物不動産の存在
株主総会招集通知書、配当金通知書株式の存在
ゴルフ場からの連絡ゴルフ会員権の存在

請求書や通帳の入出金によりわかること

支払状況わかること
マンション管理料
固定資産税
水道光熱費の引き落とし
不動産(別荘等、賃貸物件等)の存在
駐車場の支払い自動車の存在
個人名での入金貸家、貸駐車場の存在
クレジットカードの引落しクレジットカード明細の確認により、
その支払いに関する財産の存在
貸し金庫、倉庫会社への手数料貸金庫、倉庫の存在
保険会社からの入金保険契約(個人年金等)の存在

税務署類等によりわかること

書類等の内容わかること
故人の所得税の確定申告書賃貸不動産、保険契約の存在
準確定申告書の提出の要否
財産債務調書、国財財産調書財産状況、国外財産の有無

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です